肥大化した広告が無かったらサイトの中には 90% も速くなるものもあります

本日は、ネイティブな広告ブロック技術を組み込んだコンピュータ用 Opera developer 版をご紹介いたします。「ネイティブ」な技術によってブロックはエンジンレベルで行われ、従来の拡張による方法に対して圧倒的な速度向上を実現しています。

私たちはメジャーなブラウザメーカーとして初めて広告ブロック機能をネイティブに実装しましたが、特段驚くべきことではありません。アドブロッカーを使用されている方の数は増加しておりますし、Apple はプラットフォームレベルで許容しています。

ユーザの方々は真剣に広告ブロッカーを欲しています

広告は始めからインターネットにおける重要な地位を占めて来ました。1994 年には最初のオンライン広告が登場しました。それ以来、広告はウェブの成長を助け、数百万のウェブサイトに人々が無料でアクセスすることを可能にしてきました。

しかし時間の経過と共にウェブ・ブラウジングにとって主要な悩みの種になりました。今日、肥大化したオンライン広告はネットワーク帯域をかつてないほどに圧迫し、ウェブページの読み込みを遅くし、時には画面を覆い尽くしたり、「偽のダウンロードボタン」を押させようとしたりします。またプライバシー保護やオンライン行動を追跡することへの危機感の高まりも見られます。

その結果、広告ブロッカーソフトを使う人々の数が増えています。 PageFair/Adobe によってなされた調査によると、 2014 年と 2015 年を比較して広告ブロッカーを使用する人の数は全世界で 41% 増加したとのことです(そのうち98% の人がコンピュータで使用しています)。

人々はブランドや広告主に対して、現状を変えなければならないという明確なメッセージを発しているのです。今は 2016 年です。広告もより軽量、高速に変わるべき時だと私たちは確信しています。IAB L.E.A.N. initiative という広告を改善するための組織がありますが、広告それ自体はどうでしょう。中にはユーザが使う広告ブロックを無効化させようという動きさえあります。しかし、広告がより良くなり、出しゃばり過ぎず、ブラウジングをひどく遅くさせることがなくなったらどうなるでしょう。

それゆえに、ネイティブな広告ブロック機能と共に、広告主とユーザに「重い」広告が引き起こす問題を理解するためのツールを提供することにしました。それによって広告業界が目指すべき変革を加速させるものと確信しています。

Opera developer adblocking 比較

広告ブロックに対する賢いアプローチ

Opera の広告ブロック機能は初期設定では無効となっています。

ブラウジングを開始すると Opera はブロック出来る広告があるか探知し、広告ブロック機能を有効にするか聞いてきます。特定のウェブサイトに対して広告ブロックを有効にする、無効にすることは アドレスバーの「盾」のアイコンを1クリックしてスイッチを切り替えるだけです。

adblocker popup

このダイアログは、現在のページそして全体でどれだけの広告をブロックしているかの統計も表示します。更に、広告ブロックを使った場合と使わなかった場合とで、現在開いているウェブページの読み込み時間にどれだけ差が出るかを簡単にチェックすることも出来ます。

特定のサイトで広告ブロックを無効にすると、そのサイトは例以外リストに追加され、Opera の設定画面で後から変更も出来ます。その画面はポップアップの歯車アイコンから開けます。既にそのリストにはテスト用に幾つかのサイトが登録されていますが、広告が有効でも有益で便利なサイトがあったら、自由に編集して追加してください。たとえば CNET や TechCrunch はユーザに対して広告を表示させても非常に優れた体験を提供しています。それらのサイトではページ読み込みの広告による遅れは非常にわずかなものです。

adblocker 統計

技術的背景

私たちが既存の広告ブロッカーを調査したところ、広く利用されているブロックリストは非常に優れていて、多くの広告をブロックすることが分かりました。しかし多くの拡張機能は URL やページ内の要素がブロックするリストに該当するかの判定に多くの時間を費やしていることも判明しました。Opera はブロックリストによる判定にネイティブなコードと高速なアルゴリズムを使用しています。それによって判定に伴う速度低下を最小限に抑えることが可能となりました。更に Opera では広告ブロックは出来るだけ初期段階、すなわちエンジンがネットワークにリクエストを送るところで行っています。

現在 Opera は EasyList のブロックリストを使用しています。また行動追跡ブロックには EasyPrivacy が使われています。

スピードテストの方法

ポップアップからスピードテストを行うことも出来ます。現在開いているページをブロッカー有りと無しとで二度読み込んで、それぞれの読み込み時間を比較表示します。実際の使用状況に近づけるため、キャッシュはクリアされません。

ページの読み込みは1度だけ行われますので、幾度もテストを繰り返すと、回線速度その他の要素によって異なる結果が得られるでしょう。データの信頼性を向上させるため、このテストを幾度も繰り返し平均値を出したいと思うでしょうが、多くのサイトにおいて結果は非常に明白なはずです。1度のテストで広告がブロックされると非常に大きな差があることが分かるでしょう。少しだけお楽しみください

結局、どれくらい速くなるのか

私たちの調査によると、Opera の広告ブロッキング機能を使ってブラウジングすると Google Chrome に AdBlock Plus 拡張を組み合わせた場合と比較して、平均で 45% 高速になりました。なかなか良い数字だと思いませんか。

他のブラウザとの比較

この数字はコンテンツの詰まった 66 の実際のウェブサイトで行いました。マシンは 8GB の RAM を搭載した AMD Phenom II X6、Windows 10 64 bit 版を使用しました。その他様々なシステム上でもテストを行いましたが、パーセントは非常に似通ったものとなりました。テストには WebDriver を利用してページをそれぞれ 15回ずつ読み込ませました。

表示される数字は、 navigationStart とloadEventEnd events の平均値です。

結果を教えてください

ユーザの皆さんからのフィードバックとテスト結果をお聞かせください。コメント欄、ツイッター、Facebook 等でお願いします。


Installation links:

About Saito

2007 年から 2012 年まで東京、その後 2 年間ポーランド、ヴロツワフの Opera オフィスに勤務。 現在は東京に戻りコミュニケーション・マネージャとして Opera をより多くの方に便利に使って頂く手助けをしております。

Back to top
  • キングコング板東

    試してみました。快適ですね! また比較が楽しいです。