多くの方がお聞きになられた通り、昨日チーフー 360 とコンロンを含む中国のインターネット企業から成るコンソーシアムが Opera に対して公開株式の全数買い取りを申し出ました。まず第一に重要な点は、この取引は未だ最終決着しておりません。弊社の株主がお持ちの株を申し出ている価格で先方に売るかどうか決していないからです。

#Opera というハッシュタグがニュースのトレンドに上っておりますので、この機会に皆さんから親しまれ、信頼されている Opera 製品の将来についてお話させて頂きたいと思います。

英文でモバイルについてはヌノから、デスクトップについてはクリスチャンからの記事がありますので、ここでは日本語で双方をまとめてご紹介いたします。

先ずは Opera のモバイル製品について。当然のことながら、今回の買収の申し出が Opera のモバイル製品に対してどのような影響を与えるか思いをはせてらっしゃるでしょう。Opera はインターネットの世界を形成する上で常にキープレーヤーであり続けてきましたし、間違いなくこれからもそうあり続けます。

しかし、私たちの優れた技術をより多くの人々に届けるためには、より多くの協力してくれる人々と活用出来る技術を広げる必要があります。その点で本日の機会に対しては、外部の巨大なインターネット企業と協力して進むことを好意的にとらえています。

今日 Opera には 3 億 5000 万のユーザが居ます。我々の中国の友人たちには 5 億のユーザが居ますので、合わせて 8 億を超えます。これは巨大な数です。

この取引が私たちにより大きな基盤を与えることになったとしても、Opera を支える人々には変わりはありません。同じチームが同じ製品を開発しお届けしてまいります。

あなたの Opera

次にコンピュータ用 Opera の総責任者であるクリスチャンからのメッセージをご紹介します。

Opera の取締役会は弊社の株主に対して、中国のコンソーシアムからの買収の申し出を検討して頂きたいという発表を行いました。デスクトップチームではこれを好意的に受け止めています。もしこの取引が成立するならば、コンピュータ用 Opera をより多くのユーザの皆さんにより早くお届けすることが出来るからです。開発計画は加速し、バグの修正は進み、より多くのコードをウェブに対して貢献出来るでしょう。

Opera は Opera のまま

昨年一年間でコンピュータ用 Opera のユーザ数は 500 万人以上増加しました。これは PC 市場が縮小していることを考慮に入れると悪くない数字です。

また私たちは Opera ブラウザをより高速で安定し、安全にするよう努めてきました。ご愛用頂いている機能に磨きをかけ、更に皆さんがウェブを便利に使って頂けるための新機能の開発に取り組んでいます。また Blink エンジンにも Google に次いで多くの貢献をしてきました。デスクトップチームの規模を拡大し、最高品質の製品をお届け出来るようになりました。

しかし私たちはもっと前進したいのです。私たちはより多くのデスクトップ、ラップトップで使って頂けるブラウザを作りたいのです。私たちはウェブブラウザがアメリカの西海岸に住んでいる人々だけのために作られるべきではないと考えています。私たちは、これからネットにつながることになる数億人の人々に対して、健全な競争が行われるべきだと考えています。そうした人々の全てがデスクトップやラップトップを使ってウェブに接続しないにしても、Opera を必ず試して頂けるようにと願っています。

Opera beta 36

Opera ユーザは今後数年の間に多くのことを期待して頂けると断言出来ます。SurfEasy を買収してから、既に私たちは密かに 新しい Opera VPN 技術に基いた新機能を実装する準備を進めて来ました。これは今後数か月以内にお披露目出来る予定です。これらの新機能はあなたの生産性を向上させ、デスクトップブラウザのプライバシーを向上させます。

また、ブラウザはユーザにとってもっと便利になれるし、なるべきだと考えています。1 年程前に古くからの Opera 社員であり、ブラウザの信奉者でもある人々、ホーコン・ウィム・リー、カール・アンダース・オイガード、ヤン・スタンダールに Opera コンセプトと呼ばれるチームを結成して貰いました。彼らは新しい製品のアイディアを練り、より良い機能について考え、将来ウェブがどのようなものであるか、翌年にだけではなく、2 年後、5 年後、10 年後にどうなっているかを検討して来ました。こうした検討を基にして多くのアイディアが出され、幾つかの期待出来る新コンセプトを形にして今年のうちにあなたにお届け出来るのを楽しみにしています。

まとめると、私たちはオープンなウェブ、Opera の伝統である技術革新、全世界の私たちのユーザと共にあり続けます。私たちのほとんどにとって、私たちのデスクトップブラウザは生活における最も重要な道具であり続けます。そして私たちはそれを更に良くして行くことをお約束します。

About Saito

2007 年から 2012 年まで東京、その後 2 年間ポーランド、ヴロツワフの Opera オフィスに勤務。 現在は東京に戻りコミュニケーション・マネージャとして Opera をより多くの方に便利に使って頂く手助けをしております。

Back to top